NAP-78SU

NAP-78SUは各種燃焼機器の不完全燃焼を検知するためのガスセンサーで、煙道内に設置して燃焼機器の排ガスを直接モニターできます。

通常この種のセンサーは固有の温度特性を持ちますので個別の補正回路を必要とし、その結果高価となり汎用性の妨げになっていましたが、この NAP-78SUは温度特性を単純な回路で補正できており、個別回路を必要としません。

sns_pdf_baner

NAP-78SUの構造, 外観

ガス感度特性

ガス種と濃度 出力値
清浄大気中出力値 +30±3 mV
CO 1,000 ppm + H2 500 ppm 5 - 7 mV (常温), 4 - 5 mV (200℃)
ゼロ点温度特性 常温と200℃でのゼロ点出力変化量 ± 1.0 mV以下
ガス感度特性グラフ 推奨測定回路

定格

項目 定格
印加電圧 DC 2.0±0.1V
AC 2.0±0.1V(実効値50-60Hz)
ヒートクリーニング電圧 DC 2.75±0.1V
AC 2.75±0.1V(実効値50-60Hz)
ヒートクリーニング頻度 通電開始時のみ30-60秒間程度
酸素濃度 1 - 21%
CO/H2 1/1 - 1/4
消費電流 (2.0V印加) DC 140 - 160mA
AC 140 - 160mA(実効値50-60Hz)
周囲温度範囲 使用時   0 - +200℃
保管時 -10 - +50℃
周囲湿度範囲 使用時 95%RH以下
保管時 99%RH以下(結露ないこと)