NCP-180S-N

NCP-180S-Nは一体型の接触燃焼式高濃度アンモニアガスセンサーです。すでに多くのお客様の定置型警報器や濃度計に採用されています。
このタイプは簡易防爆構造ですが、CSAやATEX等に認証された本質防爆容器に入れてお使いいただくことを推奨します。

検知素子 : NEMOTO表示側
補償素子 : NAP表示側

sns_pdf_baner

NCP-180S-Nの構造, 外観

検知対象ガスと濃度

相対ガス感度

 ガス種LEL相対値
1Methane5.00%0
2Propane2.2020
3n-Butane1.8030
4n-Pentane1.4040
5n-Hexane1.2045
6n-Heptane1.0540
7n-Octane0.9535
8Methanol6.7080
9Ethanol3.3055
10IPA2.2050
11Acetylene2.50-
12CO12.5020
13Acetone2.6060
14MEK1.9050
15Toluene1.2050
16Ethyl acetate2.2050
17Hydrogen4.0075
18Ammonia15.00100
19Gasoline Pb free1.2035
20Ethylene2.7060

* : 「-」は検知対象ガスではないことを示す。
** : 相対値はアンモニアガス感度を100とした場合の数値を示す。

ガス感度特性

ガス種と濃度出力値
 アンモニア10%LEL感度 35 - 65mV
清浄大気中出力値-30 - +30mV

定格

項目定格
印加電圧2.2 V
消費電流 (2.2V印加)160 - 180mA
周囲温度範囲使用時 -20 - +60℃
周囲湿度範囲使用時 95%RH以下 (結露ないこと)
測定濃度範囲0 - 50%LEL
0 - 30%LEL(優れた直線性)