NAP-56A

NAP-55A

NAP-55Aは主にガス警報器に用いられます。また、この NAP-55Aは従来のセンサーに比べて高さが約半分、消費電流も半分以下に抑えられていますので設計する警報器の薄型、軽量化に最適です。

sns_pdf_baner

NAP-55Aの構造, 外観

検知対象ガスと濃度

ガス種 測定濃度範囲
 メタン CH4 0.05 - 5% (0.05 - 2%)
プロパン C3H8 0.03 - 2.2% (0.03 - 1%)
イソブタン Iso-C4H10 0.03 - 1.8% (0.03 - 0.8%)
水素 H2 0.05 - 4% (0.05 - 1.5%)
エタノール C2H5OH 0.05 - 3.2% (0.05 - 1.5%)
炭化水素 CnH2n+2 1 - 100%LEL (1 - 50%LEL)
( )は高精度検知可能な濃度範囲

ガス感度特性

ガス種と濃度 出力値
清浄大気中出力値 -35 - +35 mV
メタン 3,000 ppm 10 - 16 mV
イソブタン  1,400 ppm 10 - 15 mV
水素 1,400 ppm 7 - 12 mV
エタノール 1,400 ppm 11 mV以下
ガス感度特性グラフ 推奨測定回路
NAP-55A

定格

項目 定格
印加電圧 DC 2.5±0.25V
AC 2.5±0.25V(実効値50-60Hz)
消費電流 (2.5V印加) DC 150 - 170mA
AC 150 - 170mA(実効値50-60Hz)
周囲温度範囲 使用時 -10 - +50℃
保管時 -10 - +50℃
周囲湿度範囲 使用時 95%RH以下
保管時 99%RH以下(結露ないこと)